11月14日ライフサイエンス新技術説明会のご案内

「ライフサイエンス 新技術説明会」が開催されますのでご案内申し上げます。
発表終了後、名刺交換会、個別相談会(事前申込み制)も行われます。
参加料無料です。皆様のご来場をお待ちしております。

日時
令和元年11月14日(木)10:25~13:25(9:55開場)
会場
JST東京本部 別館1Fホール(東京・市ヶ谷)
主催
科学技術振興機構、中国地域産学官連携コンソーシアム(さんさんコンソ)、一般社団法人中国経済連合会
後援
特許庁、関東経済産業局、岡山大学、山口大学、岡山理科大学、川崎医科大学、就実大学
【プログラム】
■10:30~10:55「常時モニタリング可能な外耳道装着センサを用いた生体情報取得装置」
山口大学 大学院創成科学研究科(工学)電気電子工学分野 講師 中島 翔太
《新技術の概要》
外耳道内に装着したマイクを用いて血管音と呼吸音の計測を行い、モニタリングするための耳装着型の測定機器。接触型マイク採用により雑音の影響を軽減でき、利用者は音楽を聞きながらでも継続し計測可能。
《新技術の特徴》
  • 血管音や呼吸音を同時にリアルタイムに測定可能
  • 脈拍と呼吸周期の揺らぎから得られるストレス指数から痛みの定量化が可能
  • 装着時に利用者の負担が少ない
《想定される用途》
  • 在宅患者の遠隔医療
  • ストレス・痛みの数値化
  • 地域包括ケアシステムのICT化
■11:00~11:25「自己免疫異常の検出指標:珪肺症での検証を背景に」
川崎医科大学 医学部 衛生学 教授 大槻 剛巳
■11:30~11:55「筋ジストロフィー関連心筋症の治療又は予防剤:心筋細胞収縮力を向上させ、生存率を上げる」
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 システム生理 助授 片野坂 友紀
■12:00~12:25「骨芽細胞が産生するオステオカルシンはmiR-140-3Pにより促進される」
川崎医科大学 医学部 公衆衛生学 教授 勝山 博信
■12:30~12:55「分光分析を応用した調剤支援システム」
就実大学 薬学部 薬学科 准教授 森山 圭
■13:00~13:25「医療用材料の生体親和性を高めるダイヤモンドライクカーボンコーティング技術」
岡山理科大学 フロンティア理工学研究所 教授 中谷 達行
※詳細についてはこちらをご覧下さい。
  ⇒ライフサイエンス新技術説明会